たとえば、外国語を学んでまだ少ししか話せない人は、すでに外国語に通じて流暢な人よりも、外国語を話す機会をとてもうれしがるものだ。

こういうふうに楽しみいうものは、いつも半可通の人の手にある。外国語に限らず、やり始めた趣味は、いつも楽しくて仕方がないものだ。

けれども、そうであるからこそ、人は学ぶことができる。

つまり、大人であっても、遊ぶ楽しさを通じて何かの達人になっていくのだ。

超訳 ニーチェの言葉/著者不明

¥1,785
Amazon.co.jp

忙しいときこそ、遊ぶ。

今日も、明日も仕事だが、名古屋から美容師がきた。笑

友達の髪を切っとる。

カリスマ美容師 小塚一輝

$KENJIのブログ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事