Vol.24 一周忌

去年の今日、祖母は突然亡くなりました。

今の僕の3割は祖母イズムが継承されていると自分では思っています。

それくらい、僕の中では影響力のあった祖母でした。

たまたま、倒れる前日に家族で焼き肉を食べにいきました(年に数回しか実家に帰らない僕にとっては奇跡に近い)

美味しそうに食べる祖母の顔が、まだ昨日のことにように思います。

その夜、祖母がこう言いました。

「けんちゃん、最近、キムタクより小栗旬の方がかっこいいわ。好きだわー。」と。

なかなか78歳のおばあさんから出る言葉ではありません。この人は100歳まで生きそうだな。

そう思った瞬間でした。

しかし、次の日の昼、脳出血で倒れました。

大好きなカラオケも母と前日シダックスで練習してきて、披露した後に倒れたみたいです。

祖母は、祖父が他界してからよくこんな事を言っていました。

「今が一番幸せ。死ぬならコロッと死にたいわ。」

姉は相撲に連れて行き、
僕は2人でナゴヤドームに中日ドラゴンズを外野席で応援するのも毎年の事でした。
78歳で外野でユニホームを着てメガホンを叩く祖母は僕のちょっとした自慢の祖母でした。

$KENJIのブログ

不十分でしたが、少しはおばあちゃん孝行ができていたのかな。

後、亡くなった後、小さな奇跡がありました。

①倒れる前日に買った宝くじが1万円当たっていました。
②紅白歌合戦の観戦チケットが当たりました。

あなたのお陰ですね。

今、僕が仕事を頑張れるのは祖母のおかげかもしれません。

僕が今、行っている研究も脳卒中片麻痺患者を対象としたものです。

これはメッセージなのでしょう。

「私は亡くなったけど、同じような方の手助けをしなさい」と。

このメッセージは本当に俺の気持ちを動かした。

ほんとうにありがとう。

俺、頑張るから応援しててね。

若者よ、この国を出よ
第三回タイスタディーツアー

全く海外に対して興味がなかった私が、2年間、タイで青年海外協力隊として活動していく中で、海外にいるだけで日本人はアドバンテージとなる場合が多く、多角的に物事を捉えられるようになり、視野が広がり、チャンスは無限大だと感じられるようになった。まずは、夏休み、冬休み、卒業旅行で、海外旅行に行ってみて、自分の目で、日本以外の雰囲気を肌で感じてみるとよい。学生時代に、こんなツアーがあったら参加したかったと思えるスタディーツアーを企画した。タイの医療・福祉・リハを学べるツアーである。ぜひ参加してほしい。