広大な時の流れの中で、広大な広さの宇宙の中で、ちっぽけな自分の人生の長さを、ちっぽけな自分の存在を何に使うのか?

究極まで考えてみよう。

今の人生に後悔はしていないし、仕事も趣味の一部だ。

これまでの人生の中で出逢ったすべての人に感謝している。

しかし人間は欲がでる。

何か手に入れてもさらに、上を目指すのだ。

友達の家で見たあの言葉
「一生勉強 一生青春」

まだ若者。

恐れる事は、まだ少ない。

自分でデザインしていこう。

世界と恋するおしごと―国際協力のトビラ/山本 敏晴

¥1,680
Amazon.co.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事