Vol.75 Mac

Macを使い始めて8年目。
$KENJIのブログ

昨今、Macが人気となってきているが、10年前はWindowsが主流であった。

マニアックな分野の人はMacを使用していたかもしれない。

一般消費者にとって、
Windows:Macは8:2もしくは9:1くらい。

しかし、歴史的に見るとMacのほうが歴史がある。

発売時の””アイコン””,””メニューバー””の位置。

デスクトップのアイコンは

Mac:右
Windows:左

メニューバーは

Mac:上
Windows:下

$KENJIのブログ

実際、本を読むときなどでも“”右””から左に,また“”上””から下に視線はいくため、“”右側,上側””の方が自然であるのだ。またやってみれば分かるが“”マウスは左方向より右方向のほうが””動かしやすい。

Macは右側アイコンの特許をとっている。

Macの方が消費者のことを考えていると言える。

そんなMacのアプリを共有。

“”本を整理したい人””には非常にオススメ。

「Books」
$KENJIのブログ

簡単に言えば、パソコンで“”本を管理””できるのだ。

isightなどのWebカメラでバーコードを読みとってくれる。

$KENJIのブログ

http://legacy.audacious-software.com/products/books/ ←ダウンロード

マインドタイムを読む前に読むべき本。
実際、マインドタイムは僕には難しく、1回読むだけでは理解ができない。
“”『意識』とは何だろうか”” は読みやすく面白い本。
茂木健一郎先生の””意識とはなにか””よりもはるかに読みやすい。

「意識」とは何だろうか―脳の来歴、知覚の錯誤 (講談社現代新書)/下條 信輔

¥777
Amazon.co.jp

マインド・タイム 脳と意識の時間/ベンジャミン・リベット

¥2,835
Amazon.co.jp

意識とはなにか―「私」を生成する脳 (ちくま新書)/茂木 健一郎

¥756
Amazon.co.jp

“”努力と忍耐””

今の自分にはこの二単語が似合うのかもしれない。

若者よ、この国を出よ
第三回タイスタディーツアー

全く海外に対して興味がなかった私が、2年間、タイで青年海外協力隊として活動していく中で、海外にいるだけで日本人はアドバンテージとなる場合が多く、多角的に物事を捉えられるようになり、視野が広がり、チャンスは無限大だと感じられるようになった。まずは、夏休み、冬休み、卒業旅行で、海外旅行に行ってみて、自分の目で、日本以外の雰囲気を肌で感じてみるとよい。学生時代に、こんなツアーがあったら参加したかったと思えるスタディーツアーを企画した。タイの医療・福祉・リハを学べるツアーである。ぜひ参加してほしい。