Vol.112 下町ロケット

下町ロケット/池井戸 潤

¥1,785
Amazon.co.jp

町ロケット

こんな会社憧れます。
一つの目的に向かって、突き進む。
ぶれない軸。

読みやすいしおもしろかったー。

本書の中で、
宇宙の話が出てきました。

リハビリの分野でも、宇宙とリハビリテーションは今年のCLINICAL REHABILITATIONでも特集がくまれるくらい注目されています。

$KENJIのブログ

http://www.ishiyaku.co.jp/magazines/cr/CRBookDetail.aspx?BC=082010

なぜ、注目されのか。
それは、“廃用”が生じるから。

筋骨格系,
心血管系,
呼吸器系,
代謝系,
泌尿器系,
消化器系,
神経系,
皮膚
 

の機能が低下する。
それぞれのメカニズム解明など、NASAと理学療法士の関わりもあるんでしょうね。

宇宙でも、“トレッドミル”とか運動したりしていますよねー。
1分13秒あたりからトレッドミル開始。(若田宇宙飛行士)
ただでさえ、廃用をおこす環境にいるわけだから、運動は必要ですよね。


中田英寿が出てた,コカコーラのCMとかも、無重力状態だよね。
急降下と急上昇を繰りかえすことにより無重力の世界。

簡単に、無重力状態を作るにはベッドを3~5°下方に傾ける。
(頭が下がり、足が少しあがった状態)

そうすることによりと1/6の重力となる。
NASAが何年か前に、90日間、ベットに寝続ける被験者を200万で募集していましたね。

こんなツアーも。
$KENJIのブログ

ちょっと高すぎだね。