Vol.116 リハビリテーション分野におけるアロマの限界と可能性

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

$KENJIのブログ
“日本アロマセラピー第14回学術総会”に参加してきました。

女性が9割でした。
参加者は耳鼻科の先生、看護師が多かったです。
“世界一受けたい授業” に出演した山田先生、篠原先生なども講演していました。


$KENJIのブログ

僕が感じた“アロマの限界可能性について書きます。

大きくつに分けます。
:患者さんに対して
:自分に対して


 患者さんに対して

$KENJIのブログ

まず、患者さんに対してですが、結論的に言うと、

“アロマで病気は治せません”

もし治せるとしたら心の病でしょうか。エビデンスもまだ非常に低いレベルです。

発表も聞きましたが、統計で有意差が出ている発表が非常に少ない
主観的な部分が多い印象でした。

“リハビリでの発表”では、

“変形性膝関節症に対する手術後のリハビリテーションにアロマトリートメントを導入して”
“前十字靭帯再建術後のリハビリテーションにおけるアロマトリートメントの有効性について”

のタイトルでの発表でしたが、

うーん ていう内容でした。やはり湿布以上の効果は難しいでしょう。

ただ“可能性”を感じたことをありました。

末期医療”です。
$KENJIのブログ

和ケアなどの”末期”でのアロマ利用は効果的という報告は多かったです。

せな人生”を送る意味でも良さそうでした。

ンジェルケア” といって死後の身体の処置の際に、生前好きだった香りのオイルをいれて身体を拭いてあげたりしているところもあるそうです。

一つ、問題点があるとすればトリートメントにかかる費用は、病院側が負担しているところ。
終末期に限らず、アロマの導入には病院の協力なしには難しいのが現状かな。



 自分に対して

これは個人的に重要と感じました。僕も“花粉症”ですが、その時期は集中力が低下します。
“睡眠不足”にもなったりします。患者さんに使用する前に、自己に対してアロマを使用し、コンディショニングを向上することは患者さんにも有効です。

自己の“花粉症、睡眠障害”をまずは治しましょう。

粉症

$KENJIのブログ

“スギ、ヒノキ” の時期には、辛い思いをしている人も多いでしょう。

ーカリはとにかく効果大。(ユーカリの成分に1.8シネオールが含まれていて花粉症の鼻粘膜の炎症を抑える作用がある)

ティッシュに1滴たらして、鼻水が出たら、鼻の中にこっそりティッシュを突っ込んでみて。

眠障害

$KENJIのブログ

やはり“枕”が最重要みたいです。
高さ、硬さなど。

詳しくは
http://kenkomemo.blog49.fc2.com/blog-entry-35.html  にまとまってます。

$KENJIのブログ

プラスで、“ラベンダーの香り”で良眠間違いなし。

今は、パソコンの“USB”を使用したり、
$KENJIのブログ

“コンセント”を使用したり
$KENJIのブログ

アロマも非常に簡単に使用できるようになりました。

東京
$KENJIのブログ

松阪に住んでいて1ヶ月でみる人の数を、わずか1日で見た感じ。

黒部の太陽/木本 正次

¥840
Amazon.co.jp

今の日本に電気が溢れているのは、黒部ダムのおかげかも。
精神論だね。

また、東京で何人かの友達にお世話になりました。
本当にありがとう。

明日から頑張ります。


中日2連勝でテンションあがりますが、
今から論文だー。

本を出版しました!!

「日本人」で生まれた時点で、おみくじなら、大吉を引いたようなものだ。一方で、「このまま日本にいて大丈夫なのか?」とも、タイの成長スピードを肌で感じて思った。この本を通じて、凡人の岩田ができるなら、自分にも何か出来るはずだ、やってみようと行動に結びついてくれたら大変嬉しい。 岩田でも出来たことは、皆さんなら、もっと出来る!!