Vol.145 卒業はスタートライン

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

$KENJIのブログ
街を歩けば、振り袖姿の女性をこの時期は多くみかける。3月は別れの季節だからだろうか。”卒業”って聞くと”End”の意味合いが強い。対義語に”入学”があるからだろう。しかし僕にとって卒業は“入口”だ。”大学院卒業”という肩書きは正直どうでもいい。僕が大学院に入学したのも、職場で後輩を指導するにあたり研究の知識,論文の書き方などをもっと学びたかっただけである。まだまだ臨床、研究にしろスタートラインに立った状況だ。大学院では岡西教授に丁寧かつ熱心なご指導をいただいた。また円滑に研究活動が進むように勤務体制など様々な面でご配慮頂いた当院の院長、課長、療法士、研究にご協力頂いた患者様に心より感謝致したい。

卒業式
大学院の修士課程を卒業しましたー。
時間を共有した運動システム科学専攻メンバーとの写真。
$KENJIのブログ

謝恩会で副院長が言っていた。

“とにかく5年間頑張って勉強しろ。そうすれば道は拓ける。”

臨床に出て5年が経つ。

道が拓けたかどうかは分からないが,自分なりにやってきたことは間違ってはいなかったと思っている。

楽じゃないけど、楽しい道へ

結婚式
昨日は職場の後輩の結婚式。
$KENJIのブログ

素敵な会に招待してくれてほんとにありがとう。

男の涙は美しい。

震災から一年。
現地にも行けていないし、自分は義援金と節電しかできていない。
自分の目で確認しにいきたい。

本を出版しました!!

「日本人」で生まれた時点で、おみくじなら、大吉を引いたようなものだ。一方で、「このまま日本にいて大丈夫なのか?」とも、タイの成長スピードを肌で感じて思った。この本を通じて、凡人の岩田ができるなら、自分にも何か出来るはずだ、やってみようと行動に結びついてくれたら大変嬉しい。 岩田でも出来たことは、皆さんなら、もっと出来る!!