Vol.157 臨床力と人間力

$KENJIのブログ
久しぶりに中日ドラゴンズを応援しにナゴヤドームに出かけた。学生時代、名古屋駅でアルバイトをしているときに中日ドラゴンズの選手を何度か接客した。今でも鮮明に覚えているのは、荒木選手の人間力である。こちらの不手際でドリンクを出すのが遅れ、新幹線の乗車時間ギリギリとなってしまい、キャンセル覚悟でドリンクを持っていったのだが、歩きながら一気飲みしてくれ、レジで「おいしかった。ごちそうさま」と足早に新幹線の改札方向に走っていった。次の日、荒木選手はブラウン管の中でオールスターゲームに出場し活躍していた。もう7年くらい前の話しだが、それ以来、荒木選手のファンである。

ほんの数分。

ほんの数分が心に変化をもたらす。

そんなセラピストを目指したい。

そのためには床力人間をもっと身につけないといけません。

臨床力

20日に開催されたBridge勉強会に行ってきました。

この勉強会に初めて参加させてもらった際の感想です。
http://ameblo.jp/nolook7/entry-10922608208.html

一番に患者さんのことを考えている勉強会だと思います。

今回は償動作”がテーマでした。

僕らは、目にみえる代償動作に対してアプローチしていることがありますが、原因の本質って何ですか?

考えさせられました。

動きのコツをつかんでもらうためには、患者さん自身に実感してもらう。

また少し臨床が楽しくなりました。

人間力
$KENJIのブログ

経ヶ峰に登ってきました。
標高は819.7mとさほど高くありませんが、晴天にも恵まれ、360°パノラマの景色は壮大でした。

高校の恩師から本が50冊ほど届きました。
八木先生、本当にいつもありがとう。
早速、1冊読みました。

誰かが足りない/宮下 奈都

¥1,260
Amazon.co.jp
2012本屋大賞ノミネート作品
色々な感情が交差する。この世界面白い。