Vol.172 患者中心の医療は間違いなのか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

$KENJIのブログ
ロンドンオリンピックサッカー日本代表の決勝トーナメントをかけた佐々木監督率いるなでしこJAPANと関塚監督率いるサムライJAPANの予選最終戦の戦い方は反対であった。引き分け狙いで非難を浴びたなでしこと、負ければ優勝候補のブラジルが相手となるが先発のフィールドプレイヤーを5人入れ替えて控え選手が大舞台を経験できたサムライ。この手法はいわばギャンブルだ。ギャンブルに勝ち、控え選手も含めて決勝トーナメントを戦える関塚JAPANを今回は応援したい。

こんなことを書きながら思ったことがリハビリ場面でも勝負(ギャンブル)にでてていないことだ。

最近、私が通所リハビリで、装具の角度を変更したいときに

「在宅で転倒したらどうしよう。」と不安がよぎった。

その不安の先にあるのはなんだ?

訴えられる。

なんでこんな気持ちになるのか?

しかも年々増している。

この2冊の本は勉強になった。

「患者様」が医療を壊す (新潮選書)
岩田 健太郎
新潮社
売り上げランキング: 44681
街場のメディア論 (光文社新書)
内田 樹
光文社 (2010-08-17)
売り上げランキング: 5433

そもそもなんで医者者様になっていったかを考えていくと、「患者さま」という呼称を採用するようになってからだという意見がある。患者様導入の成果は①職員に暴言を吐く、②入院費を払わない、③院内規制を守らないなどが挙げられる。後は、過剰な医療批判(医療事故等)をメディアが放送するからだ。自殺のニュースもそうであるが、メディアの影響は大きい。放送するから逆に増えるのだ。さらに僕の小さい頃もそうだったが、“先生、お父さん=偉い”という当たり前だったはずの式が現在は円周率状態だ。学校の先生も給食費の未収問題、モンスターペアレントとか先生となっていることが問題だ。昔は殴られて当たり前だったんだけどなー。新聞も一面は原発、殺人のニュースばかり。毎日がオリンピックならいいのにな。


びびるな俺。
攻めろ俺。

本を出版しました!!

「日本人」で生まれた時点で、おみくじなら、大吉を引いたようなものだ。一方で、「このまま日本にいて大丈夫なのか?」とも、タイの成長スピードを肌で感じて思った。この本を通じて、凡人の岩田ができるなら、自分にも何か出来るはずだ、やってみようと行動に結びついてくれたら大変嬉しい。 岩田でも出来たことは、皆さんなら、もっと出来る!!