Vol.203 リハビリテーション分野におけるパーキンソン病の再考④

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

$KENJIのブログ
明日は各地でホワイトクリスマスとなる予報である。カップルにとっては印象的な一日となるが、高齢者にとっては・・・。雪が降ると、①外出を控えるので活動量が低下する、②転倒者が増加するといった研究報告がある。パーキンソン病患者の興味深い報告として歩行中の転倒はHoehn-Yahrの重症度分類があがるにつれて意外かと思われるが下がるのだ。勿論、歩く頻度が減少することも考えられるが、動作の切り替え時による転倒の割合が徐々に増えていく。「イエス・キリスト様。明日は個に見合った雪の調整をお願いします」。

パーキンソン病評価を共有します。

① Hoehn-Yahrの重症度分類
② UPDRS(unified Parkinson’s disease rating scale)
③ PDQ-39(Parkinson’s disease questionnaire)

*②と③は信頼性および妥当性も検討されたものである。


$KENJIのブログ

みんな知っているⅠ~Ⅴ度の5段階評価。

利点簡便
欠点歩行能力に重きがおかれすぎている。薬物効果の変化を検討するには適さない。
   

$KENJIのブログ

http://members.jcom.home.ne.jp/almond41/kari/updrs.html 
UPDRSの評価法はこちらからダウンロード

4つの項目から構成される。
1:精神機能・行動および気分(4項目)
2:日常生活動作(13項目)
3:運動能力(14項目)
4:治療の合併症

0~4点の5段階評価で点数が高いほど重症となる。

利点詳細な評価可能
欠点時間を要す。


$KENJIのブログ

http://ci.nii.ac.jp/naid/10011215119   
日本人におけるParkinson’s Disease Questionnaire-39 (PDQ-39)の信頼評価.

39項目の生活に関するアンケートを行い、過去1ヶ月について5段階(全くなかった~いつもあった)で答える評価。
質問は可動性、日常生活活動、情緒的健康、恥辱(ちじょく)、社会的支え、認知、コミュニケーション、身体的不快感などから構成される。

抜粋すると

Q1 「趣味活動を行なうのに支障を感じましたか?」
Q8「外出の際に、付き添いは必要でしたか?」
Q14「字を書くのに苦労しましたか?」
Q22「自分の将来が不安になりましたか?」
Q32「記憶力が悪くなったと感じましたか?」

利点QOLの高い評価。
欠点軽度障害の方でないと評価不可能。

$KENJIのブログ

年賀状書きはじめましたよ。
“便利”の中にも忘れてはいけない重みを大切にしていきたい。

本を出版しました!!

「日本人」で生まれた時点で、おみくじなら、大吉を引いたようなものだ。一方で、「このまま日本にいて大丈夫なのか?」とも、タイの成長スピードを肌で感じて思った。この本を通じて、凡人の岩田ができるなら、自分にも何か出来るはずだ、やってみようと行動に結びついてくれたら大変嬉しい。 岩田でも出来たことは、皆さんなら、もっと出来る!!