Vol.215 リハビリテーション分野における統計学③

$KENJIのブログ
 
“誰がどの仕事に向いているのかを的確に判断するのは難しい”
スポーツの世界では、スポーツ種目別に「才能」「努力」の支配比率がどのくらいなのか、ナショナルコーチ、メダリスト、世界的に活躍した選手の見解によってまとめられている(SPORT BILD 2002)。これをみると球技に関して言えば、努力よりも「才能」が勝っていることが分かる。では理学療法士という職業に例えた場合、才能と努力の比率はどのようになるのだろう。個人的な見解では「才能30%、努力70%」といったところだろうか?この仕事は努力すれば知識・技術が身に付き患者さんに還元できる。特に「観察力」に関していえば、最近まで才能(センス)が必要と考えていたが、才能(センス)はトレーニングして身に付くものだと考え直しはじめている今日此の頃です。患者さんのために努力する、実にやりがいのある仕事です。


さて統計学も私の担当は今日で最後となります。

④ 2群のの検定
⑤ 相関
      についてまとめていきます。

$KENJIのブログ

シンプルにまとめます。

① パラメトリック検定かノンパラメトリック検定か
② 対応があるか、対応がない

が分かれば2群の差に関していえばおおよそ大丈夫です。

$KENJIのブログ

パラメトリック検定
正規分布間隔尺度、比率尺度
有意差が出やすい。
使用条件として n 数25名以上。

ノンパラメトリック検定
正規分布に従わない名義尺度、順序尺度
有意差が出にくい。使用条件なし。

$KENJIのブログ

1人の対象者から1組(例えば、入院時と退院時)

対応がある = 同一人物


$KENJIのブログ

ひとつのデータからひとつのデータ

対応がない = 異なる人物

$KENJIのブログ

まとめると上記のようになる。

$KENJIのブログ

相関とは2 つの確率変数の間の相関(類似性の度合い)を示す統計学的指標である。
例えば、新しいバランス評価テストを作成した際にも、既存のBBSなどの評価との間の類似性を検討し妥当性を確認する必要がある。

$KENJIのブログ

-1から+1の範囲をとる
絶対値で±1に近いほど強い相関関係がある。
2つの変数の間の直線的な関係を相関と呼ぶ。
R2とはrを2乗したものである。

$KENJIのブログ

Pearsonの相関係数
パラメトリック検定
外れ値の影響を受けやすい
厳密には正規分布のデータを対象とする

Spearmanの順位相関係数
ノンパラメトリック検定
外れ値の影響を受けない
正規分布か否かを問わない

$KENJIのブログ

0.0~±0.2   ほとんど相関がない
±0.2~±0.4  やや相関がある
±0.4~±0.7  相関がある
±0.7~±0.9  強い相関がある
±0.9~±1.0  きわめて強い相関がある

$KENJIのブログ

外れ値の影響を受けやすい値
散布図やマハラノビス距離の確認を行なう必要がある。
意図的に外れ値を削除はしない。

$KENJIのブログ

臨床疑問 = 研究 = 統計

$KENJIのブログ

すぐできる!リハビリテーション
統計―データのみかたから検定・多変量解析まで
勝平純司 下井俊典
南江堂
売り上げランキング: 48,158

一番分かりやすかったのはこの本でした。

映画
$KENJIのブログ

http://www.kiiroizou.com 黄色いゾウ

主演が宮崎あおい、撮影地が三重県ということで仕事帰りに観てきました。
子供向けなのか大人向けなのか読みとれませんでした。
ただ、もう少し肩の力を抜いて生きてもいいかなと感じさせてくれた映画でした。

3月リハビリ勉強会

① 第19回 SIGNAL リハビリ勉強会

<日 程> H25年3月24日(日) 10:00~16:00 (※9:30より受付開始)
<参加費> 1000円 (当日徴収)
<場 所> 理学・作業名古屋専門学校 ※)詳細はhttp://g.co/maps/vdu7dをご参照下さい
<定 員> 40名(定員に達し次第受付終了)
<持ち物> 動きやすい服装、筆記用具
<問合せ> 
氏名・ご用件を銘記の上、事務局担当福岡(t.fukuokapt@gmail.com)までご連絡下さい。

AM:「起居動作におけるバイオメカニクス」
   講師:佐藤 歳一先生(西本病院)

PM: シンポジウム:「テーマ:上肢機能」
 ①「肩関節の機能解剖 ~臨床との接点~」 
 三田村 信吾先生(吉田整形外科病院)

 ②「上肢の触り方」   
 太田 有人先生(刈谷豊田総合病院)

 ③「歩行における上肢の役割」
 筧 明夫先生(岡崎市民病院)

http://signal2011.web.fc2.com/SIGNAL_rihabiri_mian_qiang_hui/SIGNALrihabiri_mian_qiang_hui.html

② Bridge ブリッジ 

テーマ 『股関節』

講師:建内宏重PT(京都大学)
   小松先生(Bridge管理人)
   松井先生

日時:3/31(日) 9:30-17:00

場所:刈谷市中央生涯学習センター 501~503講座室
 (駐車場はありますが、駐車料金がかかるため、電車でのお越しをおすすめします。会場は駅の目の前です!)

定員:
 100名(先着順) 残りわずか。

参加費:3000円

では参加受付の方法です。

**********

ブログ左上の「管理人にメール」より

件名:3月Bridge参加希望

と書いて、

本文に
・氏名(ヨミガナ)
・職種
・経験年数(○年目)
・所属

を記載し送信して下さい!!
(複数名の記載も可能です)

http://bridgetherapist.blog81.fc2.com/blog-entry-353.html