Vol.233 海外の理学療法事情はどうやったら分かるの? ②大韓民国

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
$KENJIのブログ

理学療法士、作業療法士、言語療法士の上級職として3種類の技能や知識を兼ね備えた「総合リハビリテーション療法士」の国家資格を新設すべきという案を日本慢性期医療協会の武久洋三会長が提言してリハビリ関係者から様々な声が挙げられている。武久会長は「OT的な手法をPTが全く知らなくてもいいわけではないし、STがいなければ嚥下訓練は一切しなくていいということでもない。」と述べている。確かに生活期のリハビリは1職種だけの技能では不十分であるケースもあると感じるがこの新資格の位置付けが現行の専門・認定理学療法士の分野に影響を与えるのは間違いない。このニュースの動向から目が離せない。

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/39804.html

本日は「海外の理学療法事情はどうやったら分かるの? ②大韓民国」についてまとめます。

$KENJIのブログ

大韓民国

面積:北海道より少し広い
人口:約5000万人(2012年)
首都:ソウル
民族:漢民族
言語:韓国語
宗教:仏教43%、プロテスタント35%、カトリック20%
通貨:ウォン
主要貿易品目:輸出:機械類、電気電子製品
       輸入:鉱産物、電気電子製品

$KENJIのブログ

http://www.wcpt.org/node/26442

①各協会の会員数
②実際に働いている数(推定)
③男女比
④養成校の数
⑤理学療法士の業務範囲
⑥生涯学習プログラム 

① 45000人(2013年)
② 22800人(2013年)
③ 不明 
④ 75校(日本は247校)
⑤ 治療、予防の助言
⑥ ある

その他のポイント

① クリニック勤務が約60%と多い(日本の勤務先は約70%が病院)。
② 就職先が都市部に集中し、僻地や過疎地に少なく偏りがある。
③ 理学療法と作業療法の分類が明確に分けられている。
  理学療法:物理療法(電気治療、水治療、光線治療など)、運動療法、PNF、ボバース
  作業療法:日常生活動作練習、認知機能治療、嚥下機能治療

*例えば、歩行訓練を作業療法士が行なった場合、保険請求できない。

④ 理学療法士=物理療法士という言葉が用いられるくらい「電気療法」、「水治療」、「光線治療」と細分化した研究が進んでいる。

⑤ 医療システムは日本の「国民健康保険」のような医療保険制度が実施されている。

⑥ 実施する物理療法ごとに大きく診療報酬が異なる

A 基本理学療法料
B 単純リハビリテーション料
C 専門リハビリテーション料
D その他のリハビリテーション料

A
温熱治療、光線治療、電気治療、水治療、牽引、10分以上のエクササイズや20分以上のマッサージなど。

B
レーザーを用いた治療、錘などの器具を用いた30分以上の筋力強化や機能練習などの複雑運動が挙げられる。

C
理学療法士の免許取得後、理学療法士養成校とは別にボイタまたはボバース法などの専門的な教育課程(120時間)を履修した理学療法士が患者と1対1、30分以上の治療を行なう。

D
皮膚光化学療法、薬浴、呼吸リハビリテーションなどがある。

⑦ 博士過程の取得が教員の第一条件

⑧ 2012年11月17,18日に、長崎において「第1回日韓合同カンファレンス」が開催された。

$KENJIのブログ $KENJIのブログ

三重県の2つの低山に登ってきました。

$KENJIのブログ

三重県に来て7年目となりますが、三重県は海も山も近く本当に素晴らしい。

$KENJIのブログ

最近は山でデッサンも始めています。
色塗りも含めた、脳の働きとしては以下。

$KENJIのブログ

色々調べていると、水彩毛筆という水につけながら書くペンがある。
今度は色彩をつけてみたい。

水彩毛筆 彩 20色セット
水彩毛筆 彩 20色セット

posted with amazlet at 13.05.11
あかしや (2006-07-01)
売り上げランキング: 214

送別会

$KENJIのブログ

高校の仲良しメンバーが送別会を開催してくれた。
男性からのプレゼントって嬉しい。
大切に使います。

失敗学のすすめ
失敗学のすすめ

posted with amazlet at 13.05.12
畑村 洋太郎
講談社
売り上げランキング: 50,874

失敗情報を知識化することは「失敗学」の大きな柱です。
恥ずかしがらず、全員に伝達できてこそ、成功の母となるのでしょう。

本を出版しました!!

「日本人」で生まれた時点で、おみくじなら、大吉を引いたようなものだ。一方で、「このまま日本にいて大丈夫なのか?」とも、タイの成長スピードを肌で感じて思った。この本を通じて、凡人の岩田ができるなら、自分にも何か出来るはずだ、やってみようと行動に結びついてくれたら大変嬉しい。 岩田でも出来たことは、皆さんなら、もっと出来る!!