Vol.356 災害に対する療法士の心構え ーリハトリアージって何?ー

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

「DMAT?」「JRAT?」。災害後に、たびたび耳にするアルファベットだが、知らない人も多いのではないだろうか?DMAT=Disaster Medical Assistance Team(災害派遣医療チーム)、JRAT=Japan Rehabilitation Assistance Team(大規模災害リハビリテーション支援関連協議会)だ。DMATが、超急性期から急性期、JRATが亜急性期から慢性期に関わるイメージだ。療法士としての専門性を活かすことができるのは、被災者の移動手段に関する助言、廃用症候群の予防、生活環境を整えてあげることなどだ。災害国日本。これからの時代、「災害リハビリテーション」は、療法士の卒前・卒後教育でも学んだ方が良いのではないだろうか。震災は突然やってくる。「準備」がとても大切だ。最低限、医療的な治療が必要か否かを見極める能力の「準備」はしておきたい。

DMATの隊員になるためには

DMAT JRATDMAT JRAT

DMATの活動期間がおおむね48時間ということを考えると、「命」を守ることに重点が置かれている。DMATの構成メンバーは、医師1名、看護師2名、業務調整員1名以上の4〜5名のチームである。理学療法士は業務調整員という位置付けでの派遣となる。ちなみに理学療法士は、業務調整員のなかの約2%だ。隊員になるには、各都道府県で指定されている災害拠点病院に在籍していることが必須条件となる。さらに各都道府県から推薦を受け、厚労省が主催する日本DMAT隊員要請研修を受講して、最後に試験に合格すれば、DMATの隊員として登録される。任期は5年毎の更新制である。

JMAT=Japan Medical Association Team(日本医師会災害医療チーム)の活動報告

JRATの隊員になるためには

災害リハ JRAT

DMATのような基準は設定されていない。調べてみても、中途半端な情報ばかりだ。都道府県によってかなりの差がある。大阪の作業療法士協会では、JRATとして、原則現地4日間、避難所での支援を中心に、作業療法士?を、以下の日程で募集をしている。ボランティアを考えている方は、所属する協会HPをチェックするとよい。詳細はこちら 

① 4月23日から26日まで(決定)
② 4月26日から29日まで
③ 4月29日から5月2日まで
④ 5月2日から5日まで
⑤ 5月5日から8日まで
⑥ 5月8日から11日まで
⑦ 5月11日から14日まで
⑧ 5月14日から17日まで
⑨ 5月17日から20日まで
JARTとは?

災害時のリハビリテーション支援(神奈川県は対応が早い)
http://pt-kanagawa-saigai.com/survey/

神奈川県理学療法士協会(C-RAT)
http://www.chiba-pt.org/
北海道災害リハビリテーション推進協議会(DO-RAT)
https://www.facebook.com/DoRAT20140324/

トリアージとは?

トリアージトリアージ

トリアージとは、負傷者を重症度、緊急度などによって分類し、治療や搬送の優先順位を決めることであり、救助、応急処置、搬送、病院での治療の際に行う。4種類の色の違いは医療職として知っておきたい。

リハトリアージとは?

リハトリアージ

適切な生活環境介助を提供できるように、的確に優先順位を決定できるツール。まず、居住空間の決定を行う。災害直後の状況から医療施設、介護を受けられる避難所、一般避難所のどれに当てはまるか、リハトリアージⅠで割り分ける。

リハトリアージ

次に、避難所等で、支援の優先度を決定するため、介助量の決定をリハトリアージⅡで振り分ける。

リハトリアージに関する資料

生活機能に特化したトリアージ法の開発
日本におけるリハビリテーション災害支援システムの現状と流れ
災害リハビリテーション!リハトリアージの考え方。
リハビリテーション対応マニュアル

災害時の理学療法マニュアルとは?

災害リハ 熊本

PT協会HPに掲載されている。

医療者向け
災害時に体力を落とさないためのリハビリテーション
災害リハ

災害関連本

大規模災害リハビリテーション対応マニュアル
医歯薬出版
売り上げランキング: 265,086

熊本地震を受け無料公開されている電子書籍

医学書院 無料
私も大変お世話になっている医学書院様。迅速な対応は流石です。

その他 期間限定 無料本

若者よ、この国を出よ
第三回タイスタディーツアー

全く海外に対して興味がなかった私が、2年間、タイで青年海外協力隊として活動していく中で、海外にいるだけで日本人はアドバンテージとなる場合が多く、多角的に物事を捉えられるようになり、視野が広がり、チャンスは無限大だと感じられるようになった。まずは、夏休み、冬休み、卒業旅行で、海外旅行に行ってみて、自分の目で、日本以外の雰囲気を肌で感じてみるとよい。学生時代に、こんなツアーがあったら参加したかったと思えるスタディーツアーを企画した。タイの医療・福祉・リハを学べるツアーである。ぜひ参加してほしい。