Vol.359 トイレ理学療法士の挑戦③ 正しい手すり位置の検討

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
 
なんでトイレの手すりって横についているんですか?
 
前じゃダメなんですか?
・・・
確かに・・・

なぜ、L字手すりが一般的なのか?

トイレ 手すりトイレ 手すり

我々は、当たり前のように、トイレにL字手すりを提案してしまうことがあります。私も、回復期リハ病棟で勤務していたころ、よく提案していました。住宅改修に関する教科書などにも、L字手すりの設置例はよく書かれています。

非麻痺側下肢荷重優位の立ち上がり

トイレ 手すり

以前、私は片麻痺者のトイレ動作の研究(下肢荷重量)を行っていました。そして、こんなエピソードがありました。回復期の患者が退院前に外泊訓練を行いました。その患者のトイレも写真のように、L字手すりがついていました。非麻痺側側に手すりがあるということは、当然、非麻痺側下肢荷重優位の立ち上がりとなります。いくら療法士が対称性を求め、立ち上がりの練習をしても、毎日、何回も使用する在宅でのトイレが、写真のような環境では、非対称になるばかりです。そして外泊訓練後、重心動揺計で測定してみると、非麻痺側の下肢荷重量が増えていました(つまり麻痺側下肢荷重量は減っていた)。

なぜ、PTジャーナル賞を受賞できたのか?

Vol.229 第24回「理学療法ジャーナル賞」の奨励賞をなぜ受賞できたのか

2013.04.15

「前方」に手すりがある方が合理的

トイレ 前手すり前手すり トイレ

車椅子の場合は、なかなか前方に手すりを設置することは難しいかもしれませんが、移動手段が歩行の方に限れば、L字手すりよりも、前方手すりが良いのではないでしょうか?我々が、患者と練習する立ち上がり動作が活かされるのではないでしょうか?L字手すりに違和感を持ちましょう。

扉を開けたら正面に便器の場合

f0299108_2342050
 
扉を開けたら、正面に便器がある場合は無理じゃん?
大丈夫。写真のように横から板をスライドさせればいいよ。

便器の先端から前壁までの距離

立ち上がり 戦略 論文

便座の先端から前壁までの距離は、立ち上がり戦略に大きく影響を与えます。ご家庭のトイレでは、便座の先端から前壁までの距離が60㎝ない場合も少なくありません(60㎝以上が推奨されている)。その場合、立ち上がる際に、体幹 前傾が十分にできない場合があり、上方向への立ち上がりとなってしまいます。前方空間が狭小した環境での立ち上がり動作の留意点として,大殿筋の早い筋活動の必要性と前脛骨筋、大腿四頭筋の強い筋活動が重要になる可能性があります。トイレという空間を意識しながら、練習を進めていかなければなりません(以下文献)。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/rika/24/3/24_3_365/_pdf

遂に、タイの施設でトイレが完成した

トイレ タイ

 

遂に、タイ人からLINEで、「トイレが完成した」と連絡がはいった。

トイレ タイ トイレ タイ

正直、突っ込みどころはたくさんあるのですが、トイレ自立に向けた大きな一歩だったと思います。8月にタイに行くので、しっかり見てきます。

タイのトイレ建設の話はこちらから

Vol.346 トイレ理学療法士の挑戦②

2015.11.09

Vol.340  トイレ理学療法士の挑戦① タイでトイレを作る

2015.08.16

トイレに関するこれまでの記事

Vol.313 「トイレに行きたい」って聞かない タイで働く理学療法士

2014.12.10

Vol.305  WCPT2015とオムツ タイで働く理学療法士

2014.10.16

Vol.288 オムツの利用者を減らしたい タイで働く理学療法士

2014.06.13

Vol.164 リハビリテーション分野における排泄の意味

2012.06.25

訪問リハビリテーションに従事する療法士向けの記事

Vol.353 訪問リハビリテーションに必要な知識・技術とは③?

2016.02.25

Vol.352 訪問リハビリテーションに必要な知識・技術とは②?

2016.02.04

Vol.350 訪問リハビリテーションに必要な知識・技術とは?

2016.01.10

Vol.49 リハビリテーション分野における血液データの診かた

2011.02.17

トイレに関するおすすめ本

ウンコ・シッコの介護学

ウンコ・シッコの介護学

posted with amazlet at 15.08.15
三好 春樹
雲母書房
売り上げランキング: 92,845

本を出版しました!!

「日本人」で生まれた時点で、おみくじなら、大吉を引いたようなものだ。一方で、「このまま日本にいて大丈夫なのか?」とも、タイの成長スピードを肌で感じて思った。この本を通じて、凡人の岩田ができるなら、自分にも何か出来るはずだ、やってみようと行動に結びついてくれたら大変嬉しい。 岩田でも出来たことは、皆さんなら、もっと出来る!!