Vol.366 第二回タイスタディーツアーが無事終了しました。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

私が最後にインフルエンザに罹らなければ、最高のツアーであった。8月22,23日に、第二回タイスタディーツアーを開催した。タイへの恩返しの一つがスタディーツアーだと思っている。今回は、前回同様、私の活動先の施設、私立病院だけでなく、公立病院と訪問リハを追加した。第三回のツアーの内容も検討中だが、見学だけではなく、現地の理学療法士・作業療法士と交流する機会を増やしていきたい。

前回の第一回タイスタディーツアーはこちらから

Vol.341 タイの医療福祉を学ぶスタディーツアーを開催

2015.11.09

バムルンラード病院見学

IMG_2875 IMG_2876 IMG_2874

参加者からの感想A

私立病院ということで、病院が企業化し、お金に対し対価のサービスを提供するホスピタリティを感じた。また、世界各国からの医療ツーリズムの方に対する配慮、世界から患者を呼ぶメディア戦略を感じた。 リハビリについては、IT化が進み、物療中心であり、専門性を見出すことは難しいなと感じた。 そして、医療の平等化に向け、いかに地方へ医師を送り込むか、課題も見えた。

プラプラデーン障害者ホーム見学

IMG_2885 IMG_2880 IMG_2884

参加者からの感想B

施設の大きさ、入所者の多さに驚いたのが第一印象であった。 全体的て印象としては入所者によく笑顔が見られ、施設自体の雰囲気がよい印象だった。入所者同士で助け合っている姿も見られ互助がなされていると感じた。

サミティベート病院でのタイにおける医療事情について

IMG_2872-1 IMG_2871 IMG_2873

参加者からの感想C

バムルンラードと比べ、日本人の方が多い面、日本人に対する親近感を感じた。リハビリの専門性、認知度は低いと感じたので、より日本のリハビリを普及する、パッケージ化していく必要性があると思い知らされた。

ポタラム病院見学

IMG_2886 IMG_2896 IMG_2895 IMG_2894

参加者からの感想 D

私立病院よりも、入院者、来院者に対するセラピストの数が少なく十分なリハビリを行えておらず、日本がどれだけ恵まれているかを目で見て感じることができました。

訪問リハ同行

IMG_2890 IMG_2891 IMG_2892

参加者からの感想 E

それぞれの自宅は同じ地域の近所だが家の特徴や暮らしなど社会背景は大きく異なるため、日本の訪問リハとは違った雰囲気を体験することができた。だが、訪問リハの根本である、自宅にあるものでリハビリを行うことや、家族へのアドバイス等は日本もタイも変わらないのではと感じた。

ご飯

IMG_2878 IMG_2881 IMG_2889 IMG_2888 IMG_2887

観光

IMG_2883 IMG_2828 IMG_2851

その他

IMG_2752 IMG_2757 IMG_2729 IMG_2784

個人的には、会いたい人に会え、とても充実したタイ滞在だった。

皆さんも、雨季のインフルエンザには、お気をつけください。

 

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。
いろは出版 (2015-02-08)
売り上げランキング: 2,424

自分の仕事を日本の中だけで考えている人と、世界を舞台に考えられる人とでは、これからの人生の可能性は大きく違ってくる。

若者よ、この国を出よ
第三回タイスタディーツアー

全く海外に対して興味がなかった私が、2年間、タイで青年海外協力隊として活動していく中で、海外にいるだけで日本人はアドバンテージとなる場合が多く、多角的に物事を捉えられるようになり、視野が広がり、チャンスは無限大だと感じられるようになった。まずは、夏休み、冬休み、卒業旅行で、海外旅行に行ってみて、自分の目で、日本以外の雰囲気を肌で感じてみるとよい。学生時代に、こんなツアーがあったら参加したかったと思えるスタディーツアーを企画した。タイの医療・福祉・リハを学べるツアーである。ぜひ参加してほしい。