Vol.371 排泄ケアなくしてリハビリテーションなし

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

私たち人間は、「口から食べて、尻から出す」生き物だ。生理的欲求 (食べる、寝る、排泄するといった生きるために必要な最低限の欲求)は、マズローの欲求5段階説でも、ピラミッドの一番下に位置する。「栄養ケアなくしてリハビリテーションなし」。私の記憶では、リハ業界では、7年前くらいからリハビリテーション栄養が注目されはじめた。低栄養の患者に積極的にリハを行うことで、逆効果の可能性もあること、特に回復期リハ病棟の患者は訓練時間も長く、適切な栄養管理必要であることが、今では多くの療法士が当たり前に知っていることかもしれないが、その当時は、まだNST(Nutrition Support Team=栄養サポートチーム)もあまり馴染みがなかった。それが、若林秀隆先生を中心に全国に広まった。さて、口から食べたので、次は尻の番である。「今日は、1日トイレが使えません。どうしますか?」と聞かれたら、皆さんはどう答えるだろうか? きっと必死に方法を考えるはずだ。誰も「オムツの中でします」とは言わない。誰しもトイレで誰の手助けも借りず1人でしたいはずだ。今後、「排泄ケアなくしてリハビリテーションなし」というスローガンが、リハ職種に必ず広まっていくと私は確信している。

オムツの中で排泄を!!

 196101_331098176967860_322879909_n
5年前に職場のメンズ20人程で 体験しました。共通した意見としては、「おしっこが出た状態でリハするのはとても不愉快なことだ」ということ。この経験は、今の自分にとってとてつもなく大きい。今後は、オムツ交換もマスターしていくつもりだ。

今、排泄ケアの関心が高まっている

 

 

Toilet, wc, restroom sign

Toilet, wc, restroom sign

排尿指導自立指導料が平成28年度診療報酬改定で取得できることが決定したこともあり、関心度は高い。簡単にいえば、1日でも早く排尿が自立する取り組みを排尿ケアチームで行えば、お金がもらえますというもの。
 
詳しくはこちらの記事から
 

なぜ、カテーテルが挿入されているのか?

 排泄ケア
 
尿道カテーテル留置した患者に対して、今後、療法士は、おそらく今よりも関心をもつだろう。考えてみてほしい。これまでの担当患者・利用者で、「なぜ、尿道カテーテルが留置されているか?」と聞かれて、どれくらいの人が答えられるかを。オムツに関しても、どうして普通のパンツではなく、オムツを履いている理由をしっかり考えたい。

排尿日誌の活用

 排泄日誌
リハ栄養が注目されてから、臨床場面で、「ご飯、全部たべました?」、「何食べました?」と患者・利用者に確認する療法士が増えた。それと同様、近い将来、「トイレ、何回行きました?」、「どれくらい出ましたか?」、「突然の抑えられない尿意はありましたか?」など、確認する日も近いと私は予想している。ダウンロードはこちら

排尿日誌とは

自分の症状や排尿の状態を正確に知るためには、排尿日誌をつけることが有効です。トイレに行った回数、尿の量、急に起こる我慢できないような強い尿意(尿意切迫感)を感じた回数、尿をもらしてしまった回数のほか、摂取した水分の量を記録しておくことで、客観的に排尿の状態をチェックすることができます。

排尿日誌に記入する内容

  • 記入日の起床・就寝時間、翌日の起床時間
  • おしっこをした時刻
  • おしっこの量
  • 尿もれの有無
  • 切迫感の有無
  • 水分摂取状況
  • 体調やパッド使用状況など

引用 http://www.oab-info.com/info/diagnosis/diary.html

ウーマンズヘルスケアフォーラム2016東京

 14963376_1223749104366577_2741764269654742044_n
この分野、男性参加者は10%以下ですが、男性こそ知らなければいけない分野。田口順子先生にも再会でき、田舎中先生にも挨拶できて良かったです。次回は大阪開催。

「研究」を生かしたキャリアデザインを考える

15079003_1875272192719003_1588907179524391024_n
良い研究はお金になる。
好きと得意を分ける。
 

時間と場所を選ばない パラレルキャリアを始めよう!―――「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる
ヘルプマン! ! Vol.5 排泄編
くさか里樹
朝日新聞出版
売り上げランキング: 4,143

若者よ、この国を出よ
第三回タイスタディーツアー

全く海外に対して興味がなかった私が、2年間、タイで青年海外協力隊として活動していく中で、海外にいるだけで日本人はアドバンテージとなる場合が多く、多角的に物事を捉えられるようになり、視野が広がり、チャンスは無限大だと感じられるようになった。まずは、夏休み、冬休み、卒業旅行で、海外旅行に行ってみて、自分の目で、日本以外の雰囲気を肌で感じてみるとよい。学生時代に、こんなツアーがあったら参加したかったと思えるスタディーツアーを企画した。タイの医療・福祉・リハを学べるツアーである。ぜひ参加してほしい。