Vol.378 武久洋三会長が掲げるリハビリテーション革命 「排泄リハの中身とは?」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

春は変化の季節だ。進学や就職など様々な環境が変わる。今年の春は、これからのリハビリテーションに変化を与えるであろう提言がなされた。排泄は、人間として基本的な機能だから、特に高齢者では歩行訓練よりも、自分で「排泄」できることを目指すべきだと訴えたのは、日本慢性期リハビリテーション協会会長の武久洋三先生。数年前「総合リハビリテーション療法士」という国家資格の創設をしようとして、話題になった医師だ。今回、リハビリテーション革命を行なうべきとして7つの提言を掲げ、その中に、「排泄リハ」の項目が含まれた。平たく言えば、「安易なオムツ使用はやめることで寝たきり老人は減る」といった内容だ。また、短期間でFIM利得を獲得しようとした場合、排泄関連動作に注力することが一番効率的だとの話もあった。去年の「排尿自立指導料」の算定から、「排泄ケア」のニュースが業界を騒がしくしていることは、花見の前には朗報である。桜は一時であるが、「排泄」の花は、満開が続きますように。

あなたのリハビリは間違っていませんか
武久 洋三
メディス
売り上げランキング: 83,136

 

排尿自立指導料のことは以下より

尿道カテーテルの3割は外せる可能性がある

スクリーンショット 2017-03-26 21.34.50スクリーンショット 2017-03-26 21.34.44スクリーンショット 2017-03-26 21.34.31
排泄関連動作に注力することが一番効率的である。見せる用のグラフなので綺麗すぎる印象を受けるが、尿道カテーテルは外せるし、不必要なオムツ使用もなくせる可能性は高い(詳細はこちら)。

第52回日本理学療法学術大会 部門企画セッション

スクリーンショット 2017-03-28 20.22.01

幕張にて開催される第52回日本理学療法学術大会でも、ウィメンズヘルス/メンズヘルス部門として、以下の講演が企画されている。

排尿ケアに関する職種間連携と理学療法の可能性

日時:2017年5月12日金曜日 15:30-16:30

講師:吉川羊子医師(小牧市民病院泌尿器科排尿機能センター)

 第4回日本慢性期リハビリテーション学会

FullSizeRender

第4回日本慢性期リハビリテーション学会での発表。WCPT2015以来の発表だった。簡単に内容をまとめていく。

WCPT2015の内容は以下

当デイサービス利用者の2人に1人は尿失禁を有する

 スクリーンショット 2017-03-26 19.19.29
これは先行研究からみても同様の結果である。

男性は、切迫性尿失禁の割合、女性は切迫性、次いで腹圧性尿失禁であろう割合が大きい

スクリーンショット 2017-03-26 13.14.00

尿失禁に関する情報は約3割しか知らない(特に男性の半数は知らない)

スクリーンショット 2017-03-26 13.14.16
情報源としては、TVが多く、次いで、家族・友人であった。最近では、尿失禁に関する情報はテレビを中心に放送されているが、なかなか能動的に情報を得ようとしている人は少ない。

治療の種類としては、約7割は知らない

スクリーンショット 2017-03-26 13.14.26
約2割は薬について、約1割は骨盤底筋体操(運動)について聞いたことがあったが、約9割が骨盤底筋体操が尿失禁を改善することを知らないことは、これからの大きな可能性を秘めている。

尿失禁有する者で泌尿器科にかかったことがあるのは、約2割

スクリーンショット 2017-03-26 19.46.51
これは大きな問題である。”しも”のことは言いにくい現状を表しているのかもしれない。尿失禁の中には、溢流性尿失禁など放置すると尿路感染、膀胱結石、水腎症、腎機能障害など重篤な合併症を引き起こすことがあるので必ず専門医の診察を受けて早急に治療を行わなければならない。

尿失禁有り群で布パンツは5割、尿失禁無し群でパッドやリハパン使用者は約5割

スクリーンショット 2017-03-26 13.14.39

デイサービスの集団体操のとき、私はリハパンを履きながら体操を行うこともある。アウター、インナーについて正しい知識があれば、このあたりのデータは変えられると個人的には思っている。

f16138bab9b6a2f58645107cdd7f0629
特に男性はプライドが高く、情報リテラシーが低いので、正しい情報を届けたい。ここ数年、薬局では男性用の軽度尿失禁パッドが売れている。

これまでにまとめた排泄関係の記事

木村先生 優秀演題賞

17359210_1331652323579102_6620781880902514629_o
 木村先生を見ていると、上には上がいるなーといつも思います。おめでとうございます。

排泄リハビリテーション-理論と臨床
穴澤 貞夫 後藤 百万 高尾 良彦 本間 之夫 前田 耕太郎
中山書店
売り上げランキング: 104,479

第三回スタディーツアー募集開始

KENJIのブログ

日時:6月24〜28日(ホテル4泊)
参加費:70,000円
募集人数:10名

グローバル化が進み、国境のボーダーがなくなりつつあるなかで、島国日本のリハビリテーションしか知らないということは、今後ヤバイのではないか?

これは、青年海外協力隊に参加する前に、感じていたことだ。

残念ながら、養成校では、国外のリハビリテーション事情について学ぶ機会は限られているし、卒後教育の中でもほぼ皆無に等しい。

「じゃあ、そんな機会を作ればいいのか!!」

ということで、約3年前の在タイ中に、タイの旅行会社のお問い合わせフォームから、「タイの医療・福祉・リハを学べるツアーを企画したいので力を貸していただきたい」と数社に連絡をして、返答のあった一社の担当者と実際に会い、実現したこのツアーだが、今回で第3回目を迎える。

主な対象者は、リハ養成校の学生や10年目までの理学・作業療法士と考えていたが、これまでのツアーでは、福祉用具の社長さんやアスレチックトレーナー、タイマッサージ師、現地のタイ人PTなども参加してくれている。

これまでのツアー参加者満足度は100%(5段階評価で4以上)だ。

今回のツアーの目玉は、タイ古式マッサージを学べるところだ。

途上国などの医療を語るうえで、「伝統医療」は切っても切り離すことができず、特に田舎に行けば行くほど、重要な役割を果たす。

そこで今回、タイ王国第一級王立ワットポー寺院伝統医学校で外国人唯一の認定講師・宮原由佳先生にも特別にご一緒していただく。

その他、医療ツーリズムを受け入れている私立病院、ナーシングホーム、デイサービス、タイの家屋訪問、国内最大規模の公立障害者ホームなどを見学できる。

今回のツアーは、WCPT-AWP & PTAT CONGRESS 2017が6月27〜30日にタイで開催されることもあり、学会前に開催するので、学会参加者も参加していただきたい。

詳細、申し込みは以下より
http://www.zipangutravel.com/tour_medical.html

本を出版しました!!

「日本人」で生まれた時点で、おみくじなら、大吉を引いたようなものだ。一方で、「このまま日本にいて大丈夫なのか?」とも、タイの成長スピードを肌で感じて思った。この本を通じて、凡人の岩田ができるなら、自分にも何か出来るはずだ、やってみようと行動に結びついてくれたら大変嬉しい。 岩田でも出来たことは、皆さんなら、もっと出来る!!