CATEGORY タイで経験した青年海外協力隊での2年間

Vol.369 私はラマ9世の時代にタイにいれたことを誇りに思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-22-13-29-00

私は驚いた。みんな泣いているのだから。参列した同僚のお葬式では、あまり悲しそうな表情を見せていなかったタイ人。苦しんだり、悲しんだりする表情を見せることがよいとはされない仏教の教えがあるからだ。しかし、今回、多くの方が悲…

Vol.264 途上国にリハビリ道具を届けませんか? タイで働く理学療法士

ある教授が義肢装具学会で話した言葉が頭を過った。「療法士は待ち帰ることができないが、装具は持ち帰れる」。タイに来てから「もし下肢装具があったら・・・・・」と思う場面が少なくない。特に私が現在活動している配属先には療法士が…

Vol.343 私の彼は、ボランティアの理学療法士に殺されました。

私は、日本から来たボランティアです。タイで理学療法士として活動していました。私は、タイ人のカウンターパートAさんと多くの時間を過ごしました。お昼ご飯もAさんと一緒に食べていました。しかし、Aさんには愛人が職場内にいました…

Vol.345 途上国にリハビリ道具を届けませんか?②

装具を与えることは良いことである。歩けない人が歩けるようになるのだから。しかし、装具を外したとたん、全く歩けなくなってしまう状態を作り出すことはよくない。最終的なゴールとしては、可能な限り、装具なしでの歩行を療法士は考え…