CATEGORY タイで経験した青年海外協力隊での2年間

Vol.347 「介護離職ゼロ」のための課題

聞かなくなった「助け合いの精神」 「助け合いの精神」という言葉。最近では、災害後にしか、なかなか聞かなくなった。「タイにいた2年間で、一番学んだことは何ですか?」。日本帰国後、このような質問をよくされる。私は、「タイ人か…

Vol.346 トイレ理学療法士の挑戦②

トイレで排泄することは歩くことより重要ではないか トイレで排泄することは大変重要である。歩行の研究会や研修会は、全国で沢山展開されているが、排泄関係はまだ少ない。尿失禁=オムツと考える人もいるが、現在は、尿失禁を予防・改…

Vol.341 タイの医療福祉を学ぶスタディーツアーを開催

8月21日から25日までタイでスタディーツアーを開催した。ツアーの目的は、主にリハビリ養成校の学生さんにタイと日本の医療格差を感じてもらい、日本の医療福祉制度が決して、海外では当たり前ではないことを伝えること、そして日本…

Vol.326 タイにおける地域在住障がい者の現状③ 移動手段

日本の技術・知識は素晴らしい。しかし、日本で導入している最新の高価なリハビリテーション機器などを、タイに持ち込みたくはない。それは、現地で修理できなかったり、サービスや製品を使えるのが一部の富裕層に限られるからである。タ…