Vol.367 このまちで生き、そして、死んでゆくために(タイと日本の看取りから死生観を考える)

日本とタイの介護実践者の学びあい 「命はずっと繋がっていて、魂は生きているんだ」。 タイでお葬式に参列したときに言われた言葉です。死は終わりでなく、自然のもの。タイで同僚の死を経験し、「死生観」について考えさせられました…